今話題の介護保険ソフトとは?

みなさんは、介護保険ソフトを知っていますか?介護保険ソフトとは、介護保険報酬請求業務を効率化する為に作られたソフトウェアのことです。
少子高齢化が急速に進む中、介護のニーズは今後どんどん拡大することが予想されます。そんな中、介護保険ソフトは多くの介護の現場や企業で活用が見込まれている今話題のソフトウェアです。

介護保険ソフトの主な機能には、大きく分けて2つの機能があります。一つ目は台帳管理、そして計画書の作成に活躍する機能です。

台帳管理では、利用者の情報を管理したり、取引先の管理もできます。そしてケアマネージャーの情報管理や福祉用具のレンタル、販売管理など、色々な管理が行えるシステムが登載されています。

そして計画書作成には、アセスメントや週間サービスの計画書、サービス担当者の会議の要点や訪問介護計画書など、色々な面での計画書を作成する事ができます。

このような計画書や台帳管理が一つのソフトで管理できますので、非常に便利ですよね。そんな介護保険ソフトは月額1500円程度から利用する事もできます。
価格は購入する会社やソフトの内容によって違いはありますが、相場は3000円~7000円で月額利用できます。ぜひ、介護の現場で介護保険ソフトを生かしてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Recent Posts

Archives

Topics